ファスナル(FAST)の2021/3Q決算は「一旦停止も、青信号」

工事用の工具などを販売するファスナル(FAST)の3Q決算が出ました(同社リリース)。

もともと、工事業者向けに早朝から営業する店舗網を全国に展開するとともに、客先のサイト内に自販機を設置するなど、販売網による独占力に強みがある企業です。

売り上げと利益、CF

前年2020年、および今年2021年はコロナ禍による特殊事情があるため、コロナ禍前の2019年を含めた3年間で比較してみます。

売り上げは、前年2020年比で4.4%増、2019年比で10.4%増。

最終利益は、同4.6%増、13.3%増。

これに対して、営業CFは、前年2020年比で21.4%減です。2019年比では、4.0%増です。

この営業CFの落ち込みについて、同社リリースでは以下の2点を理由として挙げています。

  • 顧客の業績改善に伴い、ワーキングキャピタルを確保する必要があった。(在庫確保)
  • 2020年分の税を2021年に遅延して支払った。

2点目については、2Q決算でも開示された理由でした。(過去記事

売上推移:

営業利益、最終利益、営業CF推移:

株価とまとめ

5年チャート(Yahoo Financeより):

リリース後、プレマーケットでは少し株価を上げているようです。

先日マコーミック(MKC)を売却しましたが、その理由は、増益にもかかわら、ずよくわからない理由で営業CFが減っていることでした。

そういう意味ではこのFASTも事情は似ていますが、営業CFが減っている理由に腹落ちするので、問題なしと判断して、継続保有です。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください