ファスナル(FAST)2020/3Q決算 ― コロナ禍下でも順調に推移

工事用具・留め具のメーカー、ファスナル(FAST)の3Q決算がでました。(同社リリース

コロナ禍の影響が懸念されるところですが、結果としては、3Qの3ヶ月間の前年比で、売上2.5%増、粗利1.6%減、税引き後利益では3.7%増と、ほぼ前年通りの結果でした。

粗利が減っているのは、コロナ禍を受けて売上が伸びた安全関連製品(マスクなど)の利益率が低いためとのことです。

同社の売上は、主に産業用・工業用製品(工事用品、留め具など)と、安全関連製品の2つのセグメントからなります。

売上の約3割を占める産業用・工業用製品の売上は6.9%減なのに対して、同約2割強を占める安全関連の売上が16.4%伸びています。

両者あわせて、ほぼ前年比通りと言うことです。

粗利が下がっているのに最終利益が上がっている理由は、人件費をはじめとしたコスト減によるものとのこと。

この3Q決算発表を受けて株価は4.8%近く下げています。とはいえ、株価はコロナ禍の前よりも大きく伸びています。

PER(TTM)も30越え。

私の場合、保有比率は5%を少し越えているので、あえて買い増すほどの下げではないと思います。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください