ファスナル(FAST)2020/4Q決算・コロナ禍下の安全需要受け順調

工業・建築用品の販売を行うファスナル(Fastenal)(FAST)の2020/4Q決算が発表されました。(同社リリース

工業・建築用品を販売するために、顧客の工場内などに設置した自販機や、全国に張り巡らされた(早朝から開店している)店舗網といった、顧客に密接した販路に強みを持つ企業です。

コロナ禍によりこれらの産業用需要は落ち込んだものの、マスクやフェースシールドといった安全関連製品の販売がそれを補って有り余るほど伸びて、全体としては、年間の売上5.9%増、利益8.6%増に終わりました。

PL

売上、利益の額だけでなく、利益率もわずかですが上昇しています。

ROA,ROE

ROEは30%を超えて推移しており、問題なし。

営業CFマージン(OCFM)

OCFMは、営業CFを売上で割った指標です。この値が大きく落ち込むと危険サインですが、本決算では逆に急上昇しています。よいサインといえるでしょう。

BS

資本も厚く、安全領域です。

CF

営業CF、フリーCFとも伸びており、これもOK。

株主還元

株主還元率は100%を超えています。配当だけでなく、自社株買いもわずかですが、復活しています。

株価

5年チャート(Yahoo Financeより):

昨年3月のコロナショックをいったんの底にして、その後ぐいぐい株価は上昇しています。PER(TTM)は34.5。

いま買い増しは得策ではない

今後コロナ禍が収束し、安全関連の需要もひと段落するであろうこと(来年度以降は減収減益になる可能性があること)を考えると、いま買い増しするのは得策ではないと判断します。

継続保有、買い増しはなしで。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

Twitter: @shuminotoushi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください