ウェイストマネジメント(WM)・2020/4Q決算

北米で廃棄物処理を手がけるウェイストマネジメント社の4Q決算が発表されました。(同社リリース

世の中になくてはならない事業ではあるものの、COVID-19の影響を受け、売上1.5%減、営業利益と最終利益はそれぞれ約10%減となりました。(通年)

営業利益率は1.5ポイント減、最終利益率は1.0ポイント減。

利益低下の主な理由は、CODIV-19対応による販管費などの固定費の上昇です。

販管費率は0.8ポイント上昇。(下のグラフの青線)

同業他社の買収

4Qに、同業他社Advanced Disposal社を買収しました。

これにより投資CFが大きく流出し、フリーCFはマイナスに転落しています。

2021年度以降は、この買収の成果が反映されてくるでしょう。

その他の指標

ROA,ROE: どちらも徐々に低下傾向ですが、ROEはまだ20%を維持。今後これを大きく割ることがあれば、要注意です。

営業CFマージン:2.7ポイント下がりました。これも今後も下がり続けるようなら要注意。

バランスシート: 買収で少し膨らみました。

株主還元

還元率は89%です。


株価とまとめ

5年チャート(Yahoo Financeより):

私の資産に対する保有比率は6.5%。

よほど大きく下げない限り、買い増しはなしです。

同社は、(嫌われつつも)世の中になくてはならないNIMBY企業です。

COVID-19の影響がなくなったあと、ちゃんと利益率やROEが回復するか、また、今期の買収を成功させられるか、この2点を今後継続観察していきたいと思います。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

Twitter: @shuminotoushi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください