[銘柄分析] SPGI 2021/12決算

S&P500指数で有名なSPGI社が4Q決算を発表しました。(同社リリース

事業内容・セグメント

S&P500などの指数事業は実は同社の主力ではなく、格付け事業(Rating)が売上、利益の大半を占めています。

また、この格付け事業は利益率も非常に高いです。

IHS Markit社の買収

2020年に英国の情報サービス会社IHS Markit社の買収を発表しました。現時点でUK、EU、US、カナダ各国当局の認許待ちのようです。

PL

前年比で、売上は11.5%増、営業利益は16.7%増、最終利益は29.3%増です。(12か月)

売上の伸びよりも、利益の伸びが高いのはよいことですね。

CF

高い利益の伸びに対して、営業CFは0.9%の伸びにとどまっています。

これは営業CFマージンを見るとわかるように、 昨年2020年度の営業CFが非常に良かったためです。昨年度の営業CFがよかった理由は、「負債の償却に伴う損失」(の利益からの控除)などによるものです。

なお、2021年度のフリーCFには、IHS Markit社買収に伴う費用$3.5Bは含まれていません。

株主還元

配当は増えているものの、例年大量に実施されている自社株買いは、2021年度は「なし」です。これは、IHS Markit社買収の費用確保のためとのことです。

株価とまとめ

5年チャート(Yahoo Financeより):

PER(TTM)は34.47、配当利率は0.74%。

少し首をもたげたようなチャートになっているので、心理的に買い増ししやすそうです。

私の資産に対する保有割合は1%未満です。

もっと買い増すべきか、少し考えてみます。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください