[銘柄分析] ベトナム・ノイバイ貨物(NCT)2021/12決算

ベトナムのハノイ空港の貨物業務を独占するノイバイ貨物(NCT)の2021/12決算について整理してみます。

強力な独占力

ハノイ空港の貨物業務をほぼ独占しています。

競合にALC社がありましたが、今は傘下に置いているようです。

ハノイにはサムソンのスマホ工場があり、これらの出荷も同社の主要業務のようです。

大きな成長も見込めませんが、維持のための再投資もほとんど必要なく、潤沢な利益のほとんどを配当として株主に還元しています。

データの入手元

従来は、investing.comのサイトから決算情報を入手していました。(リンク

しかし、今年は現時点(3月6日)でまだ開示されていません。

しかたがないので、NCT社のウェブサイトから直接調べることにしました。

内容はすべてベトナム語です。(リンク

私はベトナム語はさっぱりわかりませんので、数字の並びを見ながら想像で拾っています。ですので、間違えている可能性もありますので、予めご了承ください。

この決算書のPDFファイル、さらっとだけでも見ていただきたいのですが、印刷されたものに「手書きでサイン」、さらに「スタンプ」を押しています。

それをスキャンしているものをアップロードしているので、残念ながらそのまま自動翻訳に放り込むこともできません。

まあ、こんなマイナーなベトナム株を買う外国人、しかも個人投資家がいるなんてことは、想定されていないのかもしれません。

決算内容

PL

売上は10.9%増、最終利益は8.2%増です。(前年比)

年によって浮き沈みはありますが、売上はほぼ横ばいで推移しています。

利益率がじりじりと下げている点に、少し注意が必要です。

BS

ほぼ無借金の健全なバランスシートです。

ベトナム航空などの大手航空会社が大株主ですので、自社株買いとかは予定されていないのでしょう。

CF

営業CFは13.3%の減です。

営業CFも8.2ポイント下げています。

長い目で見れば、急落とまでは言えないと思います。問題なし。

ROEとROA

ここ数年ROEがじりじり下げていましたが、今年は2.9ポイント改善して48.6%。

ROAは51.4%。

いずれも驚異的に高い数字です。

株主還元

例年利益のほとんどを配当として還元しています。

2021年度の還元率は76%でした。

配当実績

2021年度の配当実績です。(1株当たり。VND)

  • 4月 3,000
  • 7月 1,500
  • 8月 2,000
  • 合計 6,500

現時点の株価ベースで計算すると、配当利率は7.6%です。

株価とまとめ

2015年5月以降のチャート(Investing.comより):

コロナショックの底から、2倍以上に株価は回復しました。

業績が横ばいであることから、これ以上株価が上がることもあまり期待できません。

淡々と配当をもらい続ける銘柄と思っています。

相変わらず情報が少ない銘柄ですので、大量保有は危険です。私の資産に対する比率は約3%。

配当が出る限りは保有するつもりですが、損失がでている玉については、利益相殺のために売るかもしれません。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください