FXトレード・週末チェック(2019/10/5)

プラスサムの長期投資と違って、FXがゼロサム、マイナスサムのゲームであることはもちろんです。

ゼロサムなので、継続的に勝ち続けるためには、「誰がカモなのか」を意識しておく必要があります。

短期の利ザヤを取り合うようなゲームでは、私のような初心者投資家はカモの側に回るだけでしょう。

もし仮に、そんな初心者でも継続的に勝ち続けることができるとすれば、その「カモ」は誰か?

あくまで勝手な想像ですが、それは「実需で為替取引をしている人」なのではないかと思っています。

仮に長期の円高ドル安のトレンドができあがっているシーンで、高くなる一方の円を安くなる一方のドルに換えることは、利ザヤをとる視点から見れば損をするだけです。

しかし、ドル建てで原油とかガスとかを買う人(企業)は、損するのをわかっていても円をドルに換える必要があります。

売る人と買う人の両方がいて初めて、取引が成立し、市場価格がつきます。当たり前のことですけど。

というわけで、今目指している「FXトレードで継続的に稼いでいく」ということは、実需の取引をしている人のおこぼれをもらうのだという意識だけ持っておきたいと思います。

勝手な妄想を書いたところで、今週の週末チェックです。 対象としている通貨ペアは、初心者向きといわれるUSDJPYとEURUSDの2つです。

USDJPY

週足と日足のチャートから。

(画像は楽天MT4で作成)

(画像は楽天MT4で作成)

(1)と(2)の間のレンジの上抜け、下抜けの注文を入れていましたが、下抜けの売り注文の方が約定しました。損切ポイントは(1)の少し上108.500で設定。買い注文はキャンセルしました。

EURUSD

週足は長い下げトレンドが継続しています。

(画像は楽天MT4で作成)

(画像は楽天MT4で作成)

こちらは、先週(1)を下抜けて約定した売りポジションを継続中。損切は(2)の少し上1.11100で設定。

まとめ

2019/9以降の成績: マイナス85.5 pips (変化なし)

目標はプラス1,000 pipsです。

投資と人生は自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください