International Flavors & Fragrances Inc. (IFF) 2018/12決算 ― 同業大手買収の効果・影響は?

International Flavors & Fragrances Inc. (IFF)は、香料と香味料の世界大手です。

食品向けの香味料と、化粧品や日用品など向けの香料を製造販売しています。

同社の強みは、「同社の製品が、顧客企業にとって取るに足らないコストであるにも関わらず、顧客企業の製品の品質に大きく影響すること」です。

顧客企業にとっては、他社に乗り換えることによる原価低減効果よりも、品質リスクの方が大きいため、「スイッチングコスト」による堀を築けています。

2018年10月にイスラエルの同業大手Frutarom社を買収しました(関連過去記事)。

買収額は日本円で約8,000億円にものぼり、これを借入金と株式交換で補っているため、バランスシートはパンパンに膨らみ、キャッシュフローも大きく投資超過になっています。

さっそく財務指標を見ていきましょう。

PL: 売上は17%増、営業利益は0.42%増、最終利益は昨年のTAX Actの影響により14.08%。F社買収の効果は買収後の3か月弱だけ反映されているとのこと。

BS: 買収により長期債務と資本が大幅に膨らんでいます。

CF: 借入金で買収したため、投資CFがマイナスに、財務CFがプラスに、それぞれ大きく突き出ています。

比率(その1):BSが膨らんだ分、ROAとROEが大きく下がっています。2019年度以降買収したF社の利益が反映されてくれば、改善されるのでしょう。

比率(その2): 利息/売上(左軸・青線)と、債務/利益(右軸・赤線)です。約20年分の利益に相当する債務は、結構大きい数字だと思います。

株主還元:

利益配分と再投資の効果:ちょうど10年分。利益増加を内部留保累計で割った比率は7.3%。あまりいい数字ではありません。これも2019年度以降は改善されてくるのでしょうが、過去を振り返っても20に届いていません。

まとめ

同社の現在の状況は、例えれば、蛇が自分の体の何倍もある動物を食べて、おなかがいっぱいになっている状態です。

飲み込んだ餌がどのように消化されて、同社の血となり肉となるのか、今後も注意して観察が必要と考えています。

追記

まだマーケットの途中ですが、決算発表をうけて株価は大きく下げています。

一見買い時に見えますが、今回の買収が同社の永続性に影響を与えないかは、ちゃんと確認が必要でしょう。

よければ押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

関連過去記事

同業大手買収を発表し株価を10%下げたIFFは、「買い」か?

[銘柄分析] International Flavors & Fragrances Inc(IFF)― 2017/12決算

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください