暴落不感症

コロナ騒動で大きく下げた今週の株価。

私の資産も、 円建てで 、1月半ばに最高値に達したところから、すでに1割以上下げています。

金額でいえば、ちょっとした国産高級車を買えそうなくらい・・・。

でも、同じ額がキャッシュで失われるのとは全く意味が違います。あくまで、保有している企業の「時価」が変化しているだけ。その本質的な価値は急には変化しません。

そういう理屈を理解しているからというわけでもないですが、持ち株の価格が大きく下げることに対して、恐怖や心配といったネガティブな感情を抱くことはなくなりました。

別の言い方をすれば、あまり関心ない。

この先、2割、3割と下げても、きっと同じだと思います。

リーマンショックの時には、保有資産が、直近最高値から三分の一にまで下がりました(約7割暴落)。

その時には、失われた額が大きかったことよりも、「暴落に接した初めての経験」であったために、毎日食事ものどを通らないような日が続きました。

それでも、売らずに堪えられたのは、本当に幸運だったと思います。

今回のコロナ感染がどのくらいで収束に向かうのか、いろいろな意見があるようですが、どう転ぶかは人々の行動にかかっているので、正確な予測は無理でしょう。

株価の動きも同じ。

個人的な希望だけいえば、次のボーナス(まだ何か月も先です)がでるまで、この暴落が続いてくれればいいなと思いますが、自分の思い通りに相場が動くわけでもありません。

唯一気にしなければならないことは、今回のパンデミックが、企業の業績にどのくらい影響を与えるかということです。

影響の程度を正確に予想するのは難しいですが、影響の有無くらいはその事業内容から予想することができると思います。

私の保有銘柄の場合:

ほとんど影響ない、もしくは、プラスに働く

  • 0371.HK(上下水道処理)
  • JNJ(医療、医薬)
  • MO、PM(たばこ)
  • V(決済サービス)
  • WM(廃棄物処理)

大きく影響がでそう

  • 0177.HK(高速道路)
  • 3918.HK(カジノ)
  • DIS(テーマパーク)
  • UNP(輸送)

よくわからない

0384.HK(ガス)、AMZN、FAST、IFF、MKC

あくまで私の感覚的な分類です。

影響が出るといっても、企業が破綻に陥るほどの損失が出ない限り、継続保有で良いと思っています。いずれ「企業の価値」も回復するからです。

株価を心配するよりも、自分自身が感染しないように衛生管理、体調管理をしっかりした方がよさそうです。(しばらくジムに行っていませんが、ちょっと行くのも怖い気がする・・・)

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください