[銘柄分析] マクドナルド(MCD)2021/12決算

マクドナルド(MCD)の決算が出ました。(同社リリース

結論から先に言うと、めちゃめちゃ好決算でしたので、買い増しをしました。

PL

売上20.90%増、営業利益41.40%増、最終利益59.50%増と大躍進しています。

また、2020年度はコロナ禍の影響を受けましたが、その前の2019年と比べても、売上、利益とも伸びています。

セグメントごとの売上

従来は、自社経営店舗の売上を減らし、フランチャイズの売上を増やしていましたが、2021年度は両者とも増やしています。

(自社が20.25%増、フランチャイズが22.00%増)

CF

営業CFも45.91%と大きく伸びました。

これに伴い、営業CFマージン(営業CF ÷ 売上)も大きく伸びています。

株主還元

例年100%を超える株主還元を行ってきましたが、2021年度は2020年度と同様に自社株買いを減らしたことにより、還元率は63%にとどまっています。

しかし、コロナ禍が去った後は、また旺盛な自社株買いが復活すると予想しています。

バランスシート

大量の自社株買いを続けてきたことにより、すでに債務超過の状態になっています。

もちろん、市場の信頼があってこその債務超過ですので、全く問題はありません。

株価とまとめ

5年チャート(Yahoo Financeより):

PER(TTM)は25.64、配当利率(予想)は2.21%です。

ここ1か月くらい少し株価を下げていたこともあり、この機会に買い増しをしました。

私の資産に対する従来の同社の保有比率は1.64%でしたが、買い増しにより3.45%となりました。

1つの銘柄あたり、4%から5%の保有比率がちょうど心地よいと思っているので、また機会があれば少しだけ買い増すかもしれません。

投資と人生は自己責任で。

よかったら押してください。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください